ルシア・スクリプト~千年王国の姫君~ ダウンロード販売 ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド~ JKもビッチ!OLもビッチ!!主婦もビッチ!!!~ 週刊リビドー 美少女アンドロイドと機械姦の基地(5) 浣腸責めステージ
FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美少女アンドロイドと機械姦の基地(5) 浣腸責めステージ

※シチュエーション【ロリ、機械姦、ロボ娘、浣腸、スカ(擬似?)】

STAGE5

二穴ピストンディルドのついた三角木馬にまたがって谷を渡ったララ。
なんとかギリギリ谷を越えた所でエクスタシーを迎えて爆発を起こし、木馬を破壊するが、おまんことお尻の穴の奥まで入ってしまったディルドだけはそのままだった。
「うう……」
フラフラと立ち上がったララは顔を赤くしながら、自分の下半身の穴に入ったそのディルドを自分の手で抜こうとする。
「ん……あぁっ!」
おまんこからズルっと太いディルドが抜け、刺激にぶるっと震えた。
「んっ……んん……やぁっ」
続けてお尻の穴のディルドも抜こうとするがそれは少し苦労する。
おまんこ以上にキツキツで狭い穴な上に、抜けていく時にまるでうんちを漏らしてしまうような感覚が走り、思わずお尻を締め付けてしまうのだ。
こんな所の感覚までララは人間の女の子と変わらない。

それでもなんとかお尻の穴からもディルドを抜いたララは、少し考えて自分の両穴に入っていたディルドを今渡ってきた深い谷に捨てるのだった。

「もうっ!ほんとなんなのよこの基地……!」
ディルドに激しく犯された下半身の2つの穴に違和感を覚えながらララは走るのを再開し。
しかし次はどんなエッチで恥ずかしい目に合わされるんだろうとビクビクしていた。

そんなララがたどり着いた先には巨大で頑丈そうな扉が立ちふさがっていた。
とりあえず右手のバスターで撃ってみるがビクともしない。
「ふふふ、その扉は下の床のテンキーで暗証番号を入力しないと開かないぞ!」
そう聞こえたのはおなじみのロイリー博士の声。
ララはやっぱり今も自分の裸をあの悪い博士が見ているんだと恥ずかしくなる。
言われたとおり数字を入力するテンキーが床にあった。
しかも正確には床にあるガラスの蓋を開けて、少し掘りになっているようなそこに上半身を突っ込んでボタンを押さなければいけない。
裸のララがそれをやるとお尻を突き出すような恥ずかしいポーズになってしまい、それが狙いなのだろうとララも察した。
「も、もうこのぐらい!平気なんだから!」
下手に恥ずかしがったらますます相手の思うツボだとララは穴の中に上半身を入れ、ぷりんっと可愛いお尻が飛び出るような格好になった。
「うう……でも暗証番号って言ってもわかんないよ……」
何かヒントになるものや、演算処理出来る方法はないだろうかと考えるララ。
「残念ながら暗証番号の手がかりやヒントなどはないよ、ただ、数字は3桁だし、何度間違えても大丈夫だ、ゆっくりやりたまえ」
000から地道にやるしかないのか、それまでずっとこんな格好か、と思いながらララはボタンを押し始める。
「これも違う……うー、後ろからやった方が良かったかなぁ」
100通りぐらい終えてもまだ開かない、ララはいつしか油断してむき出しのお尻を軽く振っていると。
ララのお尻に向かって大きな注射器のような……浣腸器が近づいてきて。
ララのむき出しになっているピンク色の可愛いお尻の穴に……ズブっと挿さる。
「ひゃぁああ!!」
思わず穴の中からびくっと上半身を飛び出させるララ。
そして中身の液体がララの身体の中に注入されていく
「はぅううう……!!」
その薬液の冷たさに浣腸器の突き刺さったララのお尻がぶるぶるっと震える。

「ははは、ララくんどうだね?浣腸の味は?」
「か、かん……ちょう?」

「き、貴様……ララになんてことを!」
しばし沈黙を守っていたペイド博士も怒りのあまりとうとう声を出す。
「おや、ドクター・ペイド。そこで怒るということは……やはりララくんはうんちもするのかね?」

「あうっ……うううう!お腹……いたぁい」
そしてララは人間の女の子が浣腸されたらそうなるように、便意と腹痛を覚え始める。
人間と極力変わらない生活を送り、変わらない食事をしているララ。
彼女は有機物、たんぱく質からのカロリーをエネルギーに変えることが出来。
その際に残りカスとなった廃棄物を排出する……つまり、うんちもする。
それは見た目も人間のうんちにそっくりだが、ただしララには人間の持つような細菌や毒物はなく、匂いもほとんどない言ってみれば「きれいなうんち」なのだ。
しかしそんなことはララ本人には関係ない。
普通の女の子同様、うんちをしている所を見られるなんてのはこれ以上は思いつかないぐらい恥ずかしいことだった。

「ああっ!!やだぁ……と、トイレぇええ!!」
激しい便意に襲われたララはお尻を振りながらそう叫ぶ。

「ララくん、トイレはその扉をあけるとすぐだぞ!漏らしたくなければ早く開けるんだな」
「くっ……うぅうう!」
うんちを漏らすという最悪の結果に対する一縷の希望が生まれるが、まだ試す数字は800以上残っている。
運が良ければすぐにでも開くかもしれないが……運が悪ければまだ30分以上かかってしまいそうだ。
「ぅっ……うぅうう……!」
ララはなんとか少しでも早く扉が開いてくれることを祈って、小さな肛門をぎゅっと窄めて数字を入力し続ける。
しかし無常にも200打ち込んでも300打ち込んでも扉は開かない。
「もう無理ぃ……出ちゃうよぉお……」
ララは泣きそうな声を出し、必死に窄めたお尻の穴が限界に近いのを知らせるようにヒクヒクする。
そして約400の数字を打ち込んだ所で、ララは限界を迎える。

「やっ……!!ぅううっ!!」
ララの肛門は大きく開き、ぶりゅっぶばばっ!とうんち交じりの浣腸液を撒き散らしてしまう。

「あ~あ、やってくれたねララくん、勝手に基地に忍び込んだ上にうんちまで漏らすとは」
ララの脱糞する様子はもちろん博士たちに見守られ、ロイリー博士になじられる。
「うう……ご、ごめんなさい……ごめんなさい……ぐすっ」
ここにララが来たのも、うんちを漏らしてしまったのも元を正せば全部ロイリー博士が悪いのだが、ララはうんちを漏らす所を見られたショックで思わず泣きながら謝ってしまう。
「ぐすっひぐっ……うぅぅ……」
ララは突き出したお尻からうんちとおしっこを漏らしながらしばらく泣いていたが……まだ目の前の先に進む扉は開いていない。
ララは震える指をテンキーに伸ばすと、ゆっくりと数字を押すのを再開する。
そして、汚れたお尻を晒したまま……いつ開くともわからない扉を開けるため、まだまだ数字と戦い続けるのだった。

「お尻が汚れたままでは可哀想だな、洗ってあげよう」
ロイリー博士がそういうと、ララのお尻の周りに、何本かのノズルやブラシのようなものが延びてきた。
「きゃっ!」
そしてノズルからピュッとララのお尻めがけて洗剤液と水がかけられる。
そのままブラシでゴシゴシとお尻が現れ始めた。
「ん……んんっ……」
ララは汚れたお尻を現れる恥ずかしさを感じながらも、汚れたままよりはマシなので、黙ってお尻を洗わせていたが……
「ひぃっ!!ひぁあああああっ!!」
細長いブラシがララのおまんこにズブリと入り、膣壁をゴシゴシ洗うかのように出し入れされる。
ブラシの毛先は柔らかいので痛くはないけれど、無数の毛先が敏感な場所をなぞる感触にララは全身をくねらせて悶える。
「そ、そっちは……ひぐぅうううう!!」
そしてブラシは当然のようにララのお尻の穴の中にも入り込み、浣腸で敏感になった腸壁をゴシゴシと洗って刺激してくる。
「あっ!!あぁ……やめ……あぁあああっ!!」
ララは激しい刺激に晒されながらも、自分の機能を理解し始め、このままイッてしまうのはまずいと思った。
自分のイッてしまった時の大爆発でもあの頑丈そうな扉は壊せるか確信が持てない。
けれど、目の前のテンキーは確実に壊してしまうだろう、そうなったら先に進めなくなってしまうかもしれない。
「ひうっ!!ううううう!!」
ララは今度はイカないように必死に耐えながら、テンキーを押して扉をなんとか早く開けようとする。
そしてとうとう……

「ロックヲ解除シマス!」

そう電子音声が流れ、ようやく扉が開く。
「あ、開いたぁ……あぁああああああっ!!」
扉が開いたのを確認したところで、ララはブラシで下半身を激しく責められる刺激でイッてしまい大爆発を起こす。
その爆発で自分の下半身を責めていたブラシも、弄っていたテンキーも……そして自分がもらしたうんちも吹き飛ばすのだった。

関連記事

コメント

トイレに行っても結局見られるのでは…
じゃあ谷にしちゃおう!って頭回んないよね

泣いて謝るとこ、そそりますねえ
少女らしさがビンビン出ております

Re: タイトルなし


たとえ見られていてもせめてトイレでしたいという人間らしい自尊心をプログラムされてるんです、ララは。

ロボ娘の「きれいなうんち」というのはスカが苦手な人的にはどうなのかな?と思いつつ書きました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

リビドー編集部

Author:リビドー編集部
アナル、SM、露出、羞恥、ロリ、ショタ、スカ……
少しニッチながら幅広いジャンルのエロ小説を、ソフトからハードまで、いろいろ発信できればと考えている官能小説ブログです。
当然18禁なのでご注意ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

尻アス (14)
スカドール・アリス (14)
女勇者 the 2nd (13)
下半身の首輪 (13)
温泉宿の少女 (14)
有希の風俗レポート (12)
美少女アンドロイドと機械姦の基地 (14)
どれいもうと (12)
子役少女の受難 (12)
サキュバス三姉妹と少年 (12)
検索キーワードから書く短編小説 (16)
リクエスト作品 (1)
作品紹介・目次 (2)
挿絵について (7)
人気作品検証結果 (7)
未分類 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。