ルシア・スクリプト~千年王国の姫君~ ダウンロード販売 ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド~ JKもビッチ!OLもビッチ!!主婦もビッチ!!!~ 週刊リビドー 美少女アンドロイドと機械姦の基地(4) ディルド付き三角木馬ロデオステージ
FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト


美少女アンドロイドと機械姦の基地(4) ディルド付き三角木馬ロデオステージ

※シチュエーション【ロリ、機械姦、ロボ娘、アナル】

STAGE4

ペイド博士を助けるために基地を走り続けるララだが、その様子は少し落ち着かない様子である。
すっぽんぽんの自分の姿を常に見られていると知り、恥ずかしいだけでなく、次はどんなエッチな仕掛けに襲われるか気が気でないのだ。
そしてララが走り続けた先は……
「な、何これ……?」
たどり着いた先は、床のない行き止まりだった。
ここが屋内とは思えない、とても広く深い、底が見えないほどの谷になっているのだ。
向こう岸には数百メートルの距離があり、とても飛び越えていける長さではない。
引き返すして別の道を探すしかないと思うララだったが。

「ララ君!そこの谷を越えるにはそこに用意した木馬に乗るしかないぞ!」
突然聞こえたのはロイリー博士の声。
そしていつの間にか床からは子供が乗るような木馬が用意されていた。
「いかん!ララ、罠に決まっておるぞ!」
そう言ってララを止めるペイド博士。
言われるまでもなくはっきり言って嫌な予感しかしない。ララは時間がかかっても引き返そうとするのだったが。
「あっ!」
ララの通ってきた道にウイーンと鋼鉄のシャッターが降りて、道を塞いでしまう。
「くっ!!」
バスターで撃ってもシャッターは傷すらつかない。
「うう……」
これでは木馬に乗る以外、博士を助けるどころか自分が帰ることすらできない。
ララは仕方なく用意された木馬の取っ手を握りその上に跨る。

「……わっ!」
すると木馬はウィーンと音を立て、真上から伸びたワイヤーのようなもので上に持ち上げられる。
そしてララを乗せたまま、深い谷の上を渡り始めた。
「落下防止ノタメ、手足ヲロックシマス」
木馬からそう声がすると、ララの足首がガシャリと拘束される。
そして、今まで普通の鞍だった木馬の背が、次第に細く鋭角になっていく。
「ひゃっ!や……食い込んで……んんんっ!!」
ララのおまんこのワレメとお尻の割れ目に木馬が食い込んでいき、手で木馬の背を支えようとすると。
「きゃっ!」
そのララの手首もガシャンと鉄の輪のようなものが嵌り、それが後ろ側に手を回しララを木馬の上で身動きできなくさせてしまう。
「ああ、やぁん……!」
木馬の背が敏感な所に食い込む刺激に、ララは身を捩って悶える。
なんとか太ももでぎゅっと木馬の背をはさみ、股間の負担を減らそうとするが。
「あっ……きゃぁあああ!!」
ララの両足首に鉄球が嵌められ、その重みで、さらに容赦なくララの下半身は木馬に食い込まされる。
「やぁ……いたいよぉ!ううううっ!」
さらに追い討ちをかけるように、木馬はまるでロデオのようにガタガタと前後上下左右に揺れてララのいたいけな下半身をいじめる。
「あっあっ!やっやだぁっ!!動かないでぇっ!!」
ララは木馬の上で頭やお尻を振りながら木馬にいいように弄ばれた。

「ふふふ、ララくん、木馬遊びは楽しいかね?」
木馬の上で鳴き声をあげるララに、ロイリー博士は意地悪く話しかける。
ララは木馬で下半身を責められる刺激もさることながら、それをこの人に見られているのがとても恥ずかしくて悔しかった。
そして同時に、自分の生みの親のペイド博士も今の自分の姿を心を傷めながら見ていると思うと辛かった。

「ほうら、木馬さんにはまだいろいろ機能があるんだよ」
「ひっ!?」
ロイリー博士がそう言うと、今度は木馬の背が丸いデコボコがいっぱい現れた形に変形する。
そしてその背がまるでコンベアーのようにギュルギュルと動き出し、食い込んだララの割れ目を擦りだす。
「あっ!!あぁああぁああああ!?」
クリトリス、尿道、膣口、肛門、敏感な部分を連続して何度も擦れらる刺激に、ララは木馬の上で上半身をのけぞらして悶える。
「と、止めてっ!!とめてぇえええっ!!ひぃいいいい!!」
木馬の上から逃れられないララは叫びながらその小さな身体を痙攣させるしかない。
そして下半身への責めは、確実にララを絶頂へと導いていく。

「い……いかん!」
アクメを迎えそうになるララを見て慌てるペイド博士。
ララの絶頂を迎えると大爆発を起こす機能は、ここまではララを犯す機械を破壊することでララを救ってきた。
しかし今この状況で爆発を起こし、空中で跨っている木馬を破壊したらララは木馬から開放される代わりに谷底へ真っ逆さまである。

「ララ、イッてはいかんぞ!我慢するんじゃ!落ちてしまうぞ!」
「あ……!そ、そんな!ひぁっ!!ふぁああああっ!!!」
ララは激しい責めに晒されながら、イクことも許されない辛さに耐えるしかなかった。

「あ、あっあっあっあっ!!!……あぁっ!!……も、もう……ダメぇえええっ!!」
でももうダメだ、イッてしまう……ララがそう思った時。木馬の背の動きが止まる。
「はぁ……はぁ……」
とりあえず助かった。そう思ったララだったがその直後。

……ジュブッ!!

「……ふぁああああっ!!!」
木馬の背からディルドが飛び出し、ララのおまんこを容赦なく一気に貫いたのだ。
そしてそのままディルドはジュブンッ!ジュブンッ!と激しいピストンで小さなその穴を犯す。
「ひあっ!!あひっ!!はうっ!!ひゃぁああっ!!」
突き上げられるたびに、ララの小さな身体は重りごと一瞬木馬の背から浮き上がり、ディルドのピストンの激しさを物語っていた。
「あうっ!!ああっ!!!……だ、ダメ……あぁああああっ!!」
ディルドに突き上げられるたびに、再びアクメに一段ずつ近づくのを感じ、ララは自分がイッてしまうと予感する。
しかし、次の瞬間。

……ズブリッ!!

ディルドに犯されるおまんこの後ろでヒクヒクと震えていたララの肛門をディルドが貫く。
「……ぐぎゃぁああーーーーーーっ!!」
幸か不幸か、いきなりお尻の穴を犯されたその痛みに、ララの絶頂寸前まで高められていた身体は一度鎮められる。

「あ……あぎっ!!いいいいいいっ!!!」
太さ4センチ長さ20センチはあるディルドが準備も経験もないララの小さな尻穴に一気に突っ込まれたのだ。
「い、いたぁ……ひ、ひどいぃいい……こんなのぉ……!」
おまんこばかりかお尻の穴にまで太い物を突っ込まれ、痛みと恥辱に涙を浮かべるララ。

「あっ!あひっ!!……ひぎっ!!いやぁああああっ!!」
そしてすぐさま、肛門に挿さったディルドも激しく抜き差しされ、ピストンが始まった。
「あぎぃいいいっ!!ひぃやぁあああっ!!あっ!!あああっ!うあぁあああっ!!!」
木馬の上で小さな膣穴と尻穴を同時に太いディルドに容赦なく犯され、ララは激しすぎる刺激に白目を剥きそうになりながら木馬の上で叫び続ける。
ララの穴は人間の少女と変わらず、犯されるほどに柔軟性が増し、愛液と腸液がにじみ出て、ピストンはスムーズになるとともに、ジュプジュプと卑猥な音を奏で出す。

「ひっ!ひっ!ひっ!!……も、もうや……あっ!あっ!あっ!あっ!」
慣れない刺激、特にお尻の穴の方はまだ苦痛も大きいがそれでもララはまた少しずつアクメに向かって登りつめさせられていた。
そして木馬はあと少しで岸まで着くという所だった。

「さぁトドメだ!ララくん、イッてしまえ!」
ロイリー博士がそう言うと、ララのおまんこと肛門を激しく犯しているディルドから、ビリビリッと電気が流れ始める。
「……はぉおおおおおおっっ!!!」
激しいピストンに加え、膣と直腸に電流をお見舞いされ、ララはとうとう木馬の上でジョロジョロとおしっこを漏らしながらイッてしまう。
「ああっ!!あぁあああっ!!!」
木馬の上でビクンビクンと痙攣しながら小さな身体で大きなアクメを迎えるララ。
そしてララは光を放ち……絶頂の後の大爆発を起こすのだった。

「ラ……ララ!!」
ララの身を案じて声を出すペイド博士。
爆煙が晴れたそこには、爆発が起きたのはギリギリで木馬が谷を渡り終えた後だったおかげで、どうにか谷の向こう側に行けたララが倒れていた。
大爆発でララの乗っていた木馬は跡形もなく壊れていたが、二本のディルドだけはララのおまんことお尻の穴に深々と突き刺さったままだった……
関連記事

コメント

爆発は体の外なので中のディルドはセーフでしたか
しかしララちゃん、博士のところにたどり着くまでに
全身開発しきっちゃいそうですね

Re: タイトルなし


はい、身体の中に入った物は爆発無効です。ここ重要なのでテストにも出ます。

ララは自動学習プログラムの組み込まれた非常に優秀なアンドロイドなのでエッチな目に逢うほどエッチになっていきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

リビドー編集部

Author:リビドー編集部
アナル、SM、露出、羞恥、ロリ、ショタ、スカ……
少しニッチながら幅広いジャンルのエロ小説を、ソフトからハードまで、いろいろ発信できればと考えている官能小説ブログです。
当然18禁なのでご注意ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

尻アス (14)
スカドール・アリス (13)
女勇者 the 2nd (13)
下半身の首輪 (13)
温泉宿の少女 (13)
有希の風俗レポート (12)
美少女アンドロイドと機械姦の基地 (14)
どれいもうと (11)
子役少女の受難 (11)
サキュバス三姉妹と少年 (11)
検索キーワードから書く短編小説 (9)
リクエスト作品 (1)
作品紹介・目次 (2)
挿絵について (7)
人気作品検証結果 (5)
未分類 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Template by たけやん