ルシア・スクリプト~千年王国の姫君~ ダウンロード販売 ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド~ JKもビッチ!OLもビッチ!!主婦もビッチ!!!~ 週刊リビドー サキュバス三姉妹と少年(8) フィンガー・スナップ
FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキュバス三姉妹と少年(8) フィンガー・スナップ

※シチュエーション 【ショタ 女性上位 CFNM 連続射精】

第8夜 

夢の中で裸にされ、アンさんたち三姉妹にさらに恥ずかしい目に逢わされていじめられる変わった夢を見るようになってから大分経った気がします。
おちんちんを弄られおしっこではない液体を出してしまう例の感覚……
されている時は恥ずかしくてそれどころではないのだけれど、夢から覚めた僕は改めて意識するとそれをとても気持ちよかったと思います。
僕は好奇心から、起きている時にもためしに、自分でおちんちんを、彼女達にそうされたように擦ってみました。
すつと、夢で感じるのと同じような気持ちよさが込み上げて来るのです。
おちんちんを弄るなんてみっともないと、僕はやめようとしましたが、やめられなくなってしまいました。

そしておちんちんを弄っている時僕は、夢の中のこと、アンさんたち三姉妹のことを考えてしまいます。
彼女達の前で裸で、おちんちんやお尻を責められて、とてもとても恥ずかしくて、実際に夢を見ている時は泣いてしまいそうだったのに、今こうして夢として思い出すと興奮してしまうのです。
「ううっ……!」
そして例の感覚が込み上げてくると、僕は夢でしたのと同じように白いものをおちんちんから吐き出しました。
僕は学校の図書館でこっそり調べ、それを「射精」と呼ばれる現象で、出した液体が「精液」というものだと知りました。

気持ちよかった……けれど夢の中でアンさんたちにされる方がもっと気持ちよかった気もします。
そしてある晩ベッドで眠る前に僕は思ってしまいました……またアンさんたちに逢いたいな、と。

そして夢の中、僕はやはり裸でいました。
そこは現実では一度も来た事はないのに、夢の中でお馴染みになっている場所。アンさんたち三姉妹の家です。
彼女達は裸の僕のおちんちんやお尻を笑いながら見つめていました。

「や……なんで!」
眠る前にアンさんたちに逢いたいと思っていたのに、いざ夢の中に入ると、僕はそれを夢と認識できず、女の人たちの前でパンツも穿かないおちんちん丸出しなことを恥ずかしく思い、困ってしまうのでした。
そしてそんな僕の顔を、アンさんは笑顔で覗き込みながら言うのです。

「リオくん?自分でおちんちんなんか弄っちゃダメでしょお?悪い子ねぇ」
「……!?」
自分でおちんちんを弄っていたことがアンさんにはバレていた!?
誰も見ていない自分の部屋でやっていたのに、と僕は焦り、同時に裸を見られるよりずっと恥ずかしい気分になりました。
なぜ彼女が知っているのかとか、向こうが現実だとかそういう考えは夢の中では働きません。

「リオくんのおちんちんはね……わたし達のものなの」
そう言ってアンさんは、パチンッと指を鳴らしました。
「えっ……ああ!」
その音を聞いた途端、なぜか僕のおちんちんは大きく、ムクムクと立ち上がっていったのです。

僕は最近、図書館で調べたのとは関係なく、自分自身の感情と感覚でおちんちんはエッチな気分になったりすると大きくなるということがわかってきていました。
だからそうなったおちんちんを見られるのは、余計に恥ずかしい事でした。

「おいおい、すぐにちんちんを大きくして困った奴だな」
「あははー、リオのおちんちん元気ー♪」
大きくなってしまったおちんちんを囃し立てられ恥ずかしくなってそこを手で隠そうとした時……

パチンッ

もう一度アンさんが指を鳴らし、そしてそれと同時に

「ひあぁあああっ!!」

つま先から頭の天辺まで駆け巡るようなすさまじい刺激と共に、僕のおちんちんから、びゅるびゅると大量の白い液体、精液があふれ出しました。

「あ……あぁああっ!」
僕は足がガクガクと震えました。
おちんちんを自分でもアンさんたちにでも刺激されると段々気持ちよくなってきて、今のように精液を出してしまう、射精してしまうことはもうある程度慣れていました。
でも今のはその段々気持ちよくなる刺激が、一気に一度に全部襲ってきたかのような感覚だったのです。

「あ……あぁ……」
そのあまりの刺激の強さに僕は足腰が砕け、その場にしゃがみ込んでしまいそうになりました。

パチンッ

「ひゃぉおおおおっ!!」

しかし、またアンさんが指を鳴らすと、僕の全身はまるで電気を流されたみたいにビクンッと跳ね、そして同時にまたおちんちんからびゅるびゅると精液が溢れます。
「あっ……あっあっ!」
激しい快感の余韻に、僕の身体は軽く弓なりになって、びくっびくっと震えてしまいます。
そして、今度こそその場にしゃがみ込もうとしますが……

パチンッ

「ひぃぅああああっっ!!」
またアンさんが指を鳴らし、僕は三度、頭が背中につきそうなほど身体をそり返し、突き出すような格好になったおちんちんから激しく射精してしまうのです。

「うふふ♥どーぉ?リオくん」
アンさんは僕の顔を覗き込みます。
「あ……ひあ……あぁああ……」
僕はなんとかその場に腰を下ろさずにはいましたが、脚はみっともなくガニ股でガクガク震え、自分でもとてもだらしない表情でよだれを垂らしてしまっているのがわかりました。
しかし、またアンさんが僕の目の前に手を伸ばし指を鳴らそうとしたので僕は呆けている場合ではなくなりました。

「や……やめてぇ!……もうやめてぇっ!」
僕は慌てて叫びました。
あまりに強烈な刺激が僕は怖かったのです。
すでに三回も連続で大量に精液を出して、自分の身体は大丈夫なのかと不安にもなっていました。

「あらあらどうしてぇ、リオくんとっても気持ち良さそうにしてたじゃない、こんなふうに♥」

パチンッ

「あひゃぁああああっっ!!」
また指が鳴らされ、ガニ股だった僕は刺激に一気に爪先立ちの気をつけのポーズで身体をピーンとさせ、また激しくおちんちんから精液を飛ばします。

「ほらほらあ、まだまだ元気じゃない」
「や……やめ……やめれ……」
呂律が回らなくなった僕がフラつく姿をなお笑顔でアンさんは眺め、さらに指を鳴らします。

パチンッパチンッ

「ひぎっ!!……あひゃぁあああっ!!」
今度は二連続でならされると、強烈な刺激も二連続で襲ってきて、ビュルビュルビュルビュルッ!!と射精も連続で行われます。

「あはは、すっごーい♪」
僕がおちんちんから噴水のように射精しつづけるのを、エリザベスちゃんは手を叩いて笑います。

「あっ……あぁあああ……」
とうとう僕は立っていることが出来なくなり、床に膝をついてしまいます。

パチンッ!

「ひぁああああっ!!」
それでもなおアンさんは指を鳴らし、僕を責め続けます。

パチンッ……パチンッ……パチンッ!

「あひぃいいい……ひぎゃぁああああっ!!」
指が鳴らされるたびに僕は絶叫を上げ、おちんちんから激しい射精を繰り返しながらのた打ち回ります。
それはまるで、陸に打ち上げられて惨めに跳ね回る魚のようだったでしょう。
床は僕の出した精液が飛び散っていたので、その上をのた打ち回る僕は自分の精液塗れになってしまいましたが、そんなことを気にする余裕すらありませんでした。

「や、やめ……もうやめれぇっ……ひぬっ……ひんじゃうぅうう!!」
何回も何回も強烈な刺激と共に射精させられ、僕はこのままでは本当に死ぬ。殺されてしまうと思いました。
ああ、なんでこんな恐ろしい人に逢いたいなんて僕は思ったんだろう、と後悔しました。
ん?僕はいつどこでこの人に逢いたいなんて思ったんだっけ……思い出せないし、それは今はどうでもいいことでした。

パチンッ……パチンッ!

とにかく残酷にアンさんが指をはじく音が、僕を射精へと導き、そして僕の体力を生命力を奪っていきました。
「あ……ひぁ……ああ……あっ!!」
僕はもう激しい刺激が走っても、悲鳴を上げる力やのた打ち回る力も残っていませんでした。
それなのに、おちんちんだけは相変わらず、指を弾かれ激しい刺激が走ると同時に勢い良く射精をするのです。
僕の意識は薄れていきます。
ああ、このまま僕は死んじゃうかもしれない、眠ってしまって二度と目を覚まさないかもしれない。

パチンッ!!

「……っ!!
最後に一際大きな指を鳴らす音とともに、一際強い快感、そして一際激しい射精をして、それが収まると同時に僕の意識は闇に沈みました。

「……っっ!」
そして、僕は逆に現実の世界に引き戻されました。
「……」
しばらく事態が掴めなかったけれど、どうやら死なずには済んだようです。
「あ……」
ズボンとパンツの中は夢精でべっとりでした、何時も以上に量も多い気がします。
もっとも、夢の中で何度も何度も出したあの量には遠く及ばないですが。

死ぬことを意識した恐ろしい夢、まさに悪夢でした。
でも僕は、あの死ぬほどの快感の記憶が頭とおちんちんに焼きついて離れないのでした……
関連記事

コメント

弄られずに連続射精、
手とか口とかおまんこだと温かさを感じるけど
触られずというのはただ刺激が走る、どんな感覚やら
死にそうなのに気持ちよかった、死ぬ間際生き物は子孫を残そうと性欲が高まるって言いますからね
気持ちいいのもうなずける

ところでフィンガースナップってバンド名みたいでかっこいい!

Re: タイトルなし

脳に直接作用するような、お尻の穴から脳天が串刺しにされるようなそんな快感のイメージでしょうか?

射精で死にそうになる、死にそうだから子孫を残すために射精する
相乗効果の堂々巡りとなりそうですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

リビドー編集部

Author:リビドー編集部
アナル、SM、露出、羞恥、ロリ、ショタ、スカ……
少しニッチながら幅広いジャンルのエロ小説を、ソフトからハードまで、いろいろ発信できればと考えている官能小説ブログです。
当然18禁なのでご注意ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

尻アス (14)
スカドール・アリス (14)
女勇者 the 2nd (13)
下半身の首輪 (13)
温泉宿の少女 (14)
有希の風俗レポート (12)
美少女アンドロイドと機械姦の基地 (14)
どれいもうと (12)
子役少女の受難 (12)
サキュバス三姉妹と少年 (12)
検索キーワードから書く短編小説 (16)
リクエスト作品 (1)
作品紹介・目次 (2)
挿絵について (7)
人気作品検証結果 (7)
未分類 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。